とってもお洒落な日本茶専門店「煎茶堂東京」(銀座)に行ってきました

とってもお洒落な日本茶専門店「煎茶堂東京」(銀座)に行ってきました

先日、友人の結婚式で東京に行った際に
前々から気になっていた「煎茶堂東京」(銀座店)に寄ってみました。

日本随一の流行発信地の銀座にあって、とてもお洒落な店内。

ワインのように試飲できて、すごく楽しく日本茶を買うことができます。

というわけで以下そんな模様を写真を交えてお届けします。

 

とってもお洒落な日本茶専門店「煎茶堂東京」(銀座)に行ってきました

煎茶堂東京

煎茶堂東京は銀座駅A5出口を出て徒歩2分で到着。

外からカラフルな茶缶が並んでいるのが見えます。

店内に入るとカラフルな茶缶がたくさん並んでいます。

店員さんにこの茶缶の色はどうやって決めているのか聞いたところ

「製造工程などをすべて数値化して独自のアルゴリズムで色を決めている」とのこと。

なるほど。よくわかんないけどかっこいい!アートとサイエンスが融合した感じ。

ちなみに同じような色だからといって似たような味わいでは無いとのこと。

色から直感で決めるのもいいけど

それぞれの茶葉ごとに特徴がレーダーチャート化されているのでそれを見て決めるのもいい。

20種類以上の茶葉が置かれているので選ぶのがとても楽しいです。

ちなみに1回分の4g包装も売っていたのでたくさん種類を購入することも出来るようです。

さらに6種類の茶葉の水出し茶が試飲できます。なんだかワインの試飲みたい。とってもお洒落!

茶葉のほかに、急須やお菓子も売られていて、セットもできるのでギフトとしてもおススメです。

店員さんに色々お話を聞いて30分程度迷って「透明急須」と「茶葉2種類」を買いました。

左が「透明急須」。右が茶葉で「おくゆたか」「宵の七曜星」の2種類。

「透明急須」はドイツの世界的デザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞しており気になっていました。

箱を開けてみるとこんな感じ。

箱から出すとこんな感じ。

3つのパーツからできており、とてもシンプルな作りになっています。

また茶缶の裏側には「甘味・苦み・旨味」の強弱が★で描かれており、わかりやすい!

早速家で「透明急須」を使って「おくゆたか」を淹れてみた。

写真のように「透明急須」は片手で簡単に持てます。

「おくゆたか」はとても豊かな焙煎の香りが淹れながら漂ってきます。

きれいな水色。茶葉も深い緑色できれい。

飲んでみると焙煎の香りが鼻に抜け、甘味が口に広がります。美味しい!

これは他の茶葉が気になります♪また銀座に行く際はぜひ寄りたいです。

「煎茶堂東京」(銀座)