日本茶好きに最高のスポット 静岡 茶町をおさんぽ

日本茶好きに最高のスポット 静岡 茶町をおさんぽ

静岡茶市場のまわりには茶に関するお店がいっぱい。

町を歩きながらも火入れをしているお茶のいい香りが・・・たまらん。

そんなお仕事中のお店もツアー内のおさんぽで紹介してもらいました。

ツアー前半の茶市場見学は、こちら↓

プロの真剣勝負の場 静岡茶市場を見学!

茶問屋

chamachi sanpo

まずは牧野商会へ

chamachisanpo jantei

市場に上場する流通経路とは違うかたちで、茶農家と茶商をつなげる場となっています。

毎年同じ茶農家からお茶を仕入れたり、市場とはちがったメリットがあるようです。

さんぽ途中にもいろいろ

chamachisanpo

茶町さんぽは続きます。

珍しい出物まである、お茶の無人販売。

chamachisanpo

素敵すぎる、自由すぎる。

ひげ茶買わせていただきます。

chamachisanpo

茶町界隈には自転車屋さんがたくさんあります。

昔、いち早くお茶の取引をする為に仲買商や斡旋商の人たちが活用していたのが自転車。

そのなごりで、今も自転車屋さんが点在しているということでした。

chamachisanpo

街路樹として茶の木が植わっていました。

けっこう葉が大きくなるんですね。

小売店

chamachisanpo

市場、問屋、と見てきて今度は小売店です。

小島茶店におじゃましました。

chamachisanpo

小売店では市場などで荒茶を仕入れて、火入れやブレンド(合組)をして仕上げ茶としてお茶を完成させて消費者へ届けます。

左が荒茶、右が仕上げ茶です。

乾燥具合も進み、香りも見た目も変わっています。

こんな風に比べて見たいとずっと思ってた!

荒茶は若葉のような香り、仕上げ茶は香ばしくなってキリッとひきしまった香りがします。

ここでもお茶をいただき、勉強もできてお茶も飲めて最高かよ。

chamachisanpo

最後は行きたいと思っていた日本茶カフェの前で解散。

茶町さんぽ

茶飴やいろいろな資料もいただきました。

 

まとめ

お話を聞いた方々はみなさんお茶のことを伝えたいという思いが強くて

その熱量しっかり受け止めました!ありがとうございました。

自分で歩くだけでは気づかないことを教えてもらって、ひたすら楽しかったです。

さんぽ途中で紹介してもらった『茶町KINZABURO』と『茶屋すずわ』にも行ってきたので

また別で感想を書きます。

『茶町KINZABURO』の記事はこちら→茶町でほっと一息「茶町KINZABURO」に行ってきました