日本茶インストラクター教本が届きました(1回目)

日本茶インストラクター教本が届きました(1回目)

講座の申し込みをして1週間ほど、インストラクターの教本セットが届きました。

アドバイザーを受講した時との違いも含めて紹介します。

 

1回目教本セット内容

・受講票
・学習のしおり
・リポート
・テキスト
・講座DVD
・茶の科学用語辞典
・学習のポイントを押さえた冊子

これで1回分。

1ヶ月ごと3回に分けて教本セットが届くようです。

最終的に送られてくるものは

『テキスト3冊、リポート3部、学習のポイント3部、DVD、辞典、資料、鑑定器具、鑑定用茶』

と、なかなかのボリューム。

もう、圧倒されてる感ありますが…が、頑張ります。

 

アドバイザーの時と比べると…

アドバイザーを受講した時は、テキストは全2冊、リポートは2回提出、DVDや辞典はなかったです。

鑑定の試験もなかったので鑑定用具もなかったです。

2017年のアドバイザーのテキスト1冊目と、届いたインストラクターのテキスト1冊目を比べてみると

上の抹茶っぽい緑色のテキストがインストラクターのテキスト。

下のほうじ茶っぽい茶色のテキストがアドバイザーのテキストです。

すでに厚みが違いますね。

ページにして約100ページの差がありました。

これは、やばいっす。

パラパラと中を見てみると、アドバイザーの時勉強した事も、よりディープでマニアックになって再登場!

やばいっす。

がんばります。

さて、教本セットさんこれからよろしく。